ライブ

【崩れ知らず】V系メイクが崩れないために必要なベースメイクとは?

更新日:

「崩れないメイクが大切なV系メイク、なにか方法があるの?」

「いろいろ試したけどやっぱり少し崩れる・・どうにかならないかな?」

 

そんな疑問にお答えします。

 

この記事を読むと、下記がわかります。

  • 崩れ知らずなメイクに必要なもの
  • 汗を抑える方法

 

↓↓目次から読みたい箇所へ移動できます↓↓

崩れ知らずなV系メイクに必要なもの

ほとんどの方がいろいろな化粧品を試し、崩れないように意識していると思います。

それでも崩れてしまうメイク・・・。

 

それは主に汗が原因かもしれません。

ライブ会場への移動や、ライブ中に汗をかかない人はほぼいません。

ライブハウスは熱気がすごいので、すぐに顔が汗ばんできますよね。

 

なので、崩れないメイクをするには、まず汗をコントロールする必要があるのです。

 

汗をコントロールし抑えてV系メイクを崩れないようにする方法

汗をコントロールする方法は下記です。

  • 冷やす
  • ツボを押す
  • 制汗剤(制汗クリーム)を利用する

 

冷やす

体を冷やすのは効果絶大です。

冷やす場所は首の後ろ、脇、太ももの付け根、などが有効です。

 

 

ただし、ライブに集中してくるとだんだん冷やすことへの意識が薄れてきますよね。

しかもこの方法だと、顔の汗はどうすることもできません。

 

ツボを押す

舞妓さんが汗をかかないのは、着物の帯でツボを刺激しているからだそうです。

そのツボは、屋翳(おくえい)といい、鎖骨と乳首を結ぶ線上の真ん中にあります。

おくえいのツボの位置

(出展:https://gogo89.com/shinnkyu-news/keikennwan/%E5%B1%8B%E7%BF%B3/)

 

1〜3分押すと良いらしいのですが、ライブ中に押す余裕はあまりないですよね・・・。

 

制汗剤(制汗クリーム)を利用する

ライブ中に意識する必要もなく、楽に汗を抑える方法は制汗剤を利用することです。

しかし、薬局でよく見る制汗剤は脇にプシュー!とするものが多いですよね。

これだとライブ中にするのは周りに迷惑ですし、いきなりプシューとしだす図もちょっと恥ずかしいですよね笑

 

そんな時に使える制汗剤が、制汗クリームと呼ばれるものです。

有名どころだと、【サラフェ】 【ノエミュ】の制汗クリームです。

これらは顔汗を抑えるものとしてとても効果的です。

 

汗をコントロールし抑えてV系メイクを崩れないようにする制汗クリームのメリット

制汗クリームは塗るだけで一日中汗を抑えてくれますし、もしテカリが気になるようであればメイクの上からでも塗ることができます。

制汗クリームを使うメリットは下記です。

  • 制汗クリームはメイクをする前に塗れる
  • 制汗クリームは化粧下地としても使える
  • 制汗クリームは汗を抑えるのでメイク崩れがおきにくくなり、活動に集中できる

 

制汗クリームはメイクをする前に塗れる

制汗クリームはメイクをする前に塗ることができます。

特に【サラフェ】 は、メイク前に塗ると一日中汗を抑えられます。

一日中汗を抑えられるということは、

V系メイクをして家に帰るまでの間、汗でメイク崩れを起こしてしまうということがほぼない!ということです。

 

今までメイクが崩れたのは汗が原因ではありませんでしたか?

その汗を抑えることができるので、メイク崩れがしにくくなるという理屈もわかりますね。

 

制汗クリームは化粧下地としても使える

制汗クリームはなんと化粧下地としても使えます。

下地に使えるのは、【サラフェ】 【ノエミュ】どちらもなのですが、特に【サラフェ】 は肌に塗るとしっとりとしてとても気持ちが良いです。

どういう成分が配合されているかもきちんとサイトに書いてあるので確認して使用できます。

 

制汗クリームは汗を抑えるのでメイク崩れがおきにくくなり、活動に集中できる

制汗クリームを塗ると、フェノールスルホン酸亜鉛という成分が顔汗を抑えてくれます。

顔から汗が出ないだけでもメイク崩れが起きる心配が格段に減りますよね。

 

汗をコントロールし抑えてV系メイクを崩れないようにする制汗クリームのデメリット

制汗クリームを使うデメリットは下記です。

  • 完全に汗が出ないようにするわけではない
  • 必要であればメイクの上から塗ることもある
  • 塗った場所以外の汗は抑えられない

 

完全に汗が出ないようにするわけではない

【サラフェ】 のサイトにわかりやすい図が載っているので見て欲しいのですが(支持される3つの理由1の部分です)、

制汗クリームは肌全体に膜をはるのではなく、毛穴を引き締めることで汗を抑えているのです。

なので、完全に汗が出ないということではありません。

 

しかし、膜をはるタイプのものより敏感肌の方にも使いやすく、お肌に優しいのです。

 

必要であればメイクの上から塗ることもある

完全に汗を出さないようにするわけではないので、場合によっては少し顔がテカったりします。

その際にはメイクの上から塗る必要があります。

人によっては手間に感じるかもしれません。

 

塗った場所以外の汗は抑えられない

当たり前ですが、制汗クリームを塗った場所以外の汗を抑えることはできません。

ただ、汗が出る場所全てに塗るのはあまりおすすめしません。

 

なぜなら人間は汗を出すことで体温調整をしているからです。

調整がうまくいかないと体調が悪くなったり、熱中症を引き起こしてしまったりします。

 

塗るときは顔と背中だけ、など限定的に使うと良いです。

 

実際に制汗クリームを使用した感想

実際に【サラフェ】 の制汗クリームを使用しました。

サラフェプラスの制汗クリーム

肌に塗るとしっとり馴染んで、日差しの強い日に外に出ても額から汗がだらだら・・・ということはなくなりました。

ライブハウスへ行く時にも塗ると、顔は少しテカる程度で済みました。このときはある程度激しいライブに行ったので背中はびしょびしょでしたが笑

ちょっと暑いな〜ぐらいのライブハウスだと顔に汗をほぼかいていないような状況でした。

 

ただ、個人の感想なので個人差はあると思います。

しかしもともと汗っかきな私がこんなに汗をコントロールできるとは思いませんでした。

 

メイクも崩れないですし、汗を抑えられるので臭いもあまり気にならないですし一石二鳥でしたよ。

 

最後に:メイク崩れしないためにはベースメイクに制汗クリームがお手軽

いかがでしたか?

V系メイクに役立つ制汗クリームは化粧下地にもなる優れものだと思います。

【サラフェ】 は返金保証もしているのでちょっとお試しで使ってみると良いと思います。

 

 

-ライブ

Copyright© space A , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.