チケット

チケット取引で当日手渡しをするときの流れまとめ

更新日:

「チケットを当日手渡しする形になったけど、どんな流れになる?」

「お礼の品とかいるのかな・・?」

 

そんな疑問にお答えします。

この記事を読むと、下記がわかります。

  • チケット取引で当日手渡しをするときの流れ

 

↓↓目次から読みたい箇所へ移動できます↓↓

チケット取引で当日手渡しをするときの流れ

チケット取引で当日手渡しをするときの流れ

チケットを譲渡することになると、

基本的にライブ当日にチケットとチケット代を手渡すということになります。

 

この場合の流れは下記です。

  1. 待ち合わせ場所・時間と金額を連絡する
  2. 当日の格好を連絡する
  3. 待ち合わせ場所についたら連絡をする
  4. その場でチケットとチケット代の確認をする
  5. 解散もしくは同時に入場

詳しく解説します。

 

その1:待ち合わせ場所・時間と金額を連絡する

まずは、当日の待ち合わせ場所 、時間を決めましょう。

 

わかりやすい場所が一番良いのですが、

ライブ会場の最寄駅などにすると、人が多くて見つけることができません。

その場合は、改札を出て右にある、◯◯の看板の下、というように細かく場所を指定しましょう。

 

また、金額はチケット代+手数料で、9,200円、ぴったり持ってきてください、と

正確な金額を提示、お釣りがいらないように頼んでおきましょう。

当日の確認が楽になります。

 

その2:当日の格好を連絡する

当日、待ち合わせ場所に行く格好を連絡しましょう。

どんな色の服装で、どんな髪型で行くかだけでも伝えておくと、お互いに探して見つけやすいです。

 

帽子、メガネ、長髪、あたりは目立つので、持っているのであれば身につけて行きましょう。

 

その3:待ち合わせ場所についたら連絡をする

待ち合わせ場所についたら、とりあえず着いたことを連絡しておきましょう。

 

相手も着いていれば探すことができますし、まだでしたら待てば良いだけです。

 

ちなみに、この時間が一番緊張します笑

 

その4:その場でチケットとチケット代の確認をする

教えてもらった格好の人がいれば、思い切って話しかけましょう

必ず相手の名前を確認して、自分の名前を名乗りましょう。

 

挨拶をして、「それでは・・」とチケットかチケット代を出しましょう。

お互いに渡して、それぞれその場で確認をしてください。

 

チケットをもらうのであれば、下記を確認しましょう。

  • 行きたい日のチケットか
  • 公園名、アーティスト名はあっているか
  • コピーではないか

チケット代をもらうのであれば、下記を確認しましょう。

  • 金額はあっているか

 

必ず相手の目の前で確認を取ってくださいね。

 

また、チケットを譲ってもらう場合は、お礼とかいるのかな?と思いますが、

私が譲る場合にお礼をもらったことはありません。

 

チケット代を定価より安くしてもらった場合にはお礼をするかもしれませんが、(お菓子など)

定価で譲ってもらう場合は口頭でしっかりとお礼をいえば良いでしょう。

 

その5:解散もしくは同時に入場

座席指定のチケットであれば、隣同士になるわけなので、

同時に入場し、話しながら開演を待つと楽しい時間が過ごせると思います。

 

スタンディングであったり、開場まで時間がある場合は、

どのようにするか話し合いましょう。

 

一緒に行動するのも良いですし、

では、ここで解散で・・となる場合もあります。

 

最後に:当日会うまでは連絡をマメに!仲良くなって次のライブも一緒に行く可能性もあり

いかがでしたか?

当日会うまでは連絡をマメにいれましょう。

 

先日、久しぶりにTwitterでやり取りをした人と会ったのですが、

相手が全くマメでない&自分のいる場所を伝えるのが下手な方だったので、大変やきもきしました・・。

どうにか会えたので良かったですが・・。

 

会うまでは連絡はマメに、丁寧に説明!が基本です。

 

やり取りをした後は、

一緒に行動しても良いですし、その場限りでも良いです。

臨機応変に対応しましょう。

 

できれば一緒に行動して友達になるのがおすすめです。

一人よりも複数人いるほうが感想を言えたりしますからね!

 

 

 

以上、あっきー(@aki_spaceA)でした!

-チケット

Copyright© space A , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.