ライブ

メトロック初めてでも一人でも大丈夫!楽しみ方まとめ1日充実するために必要なこと【決定版】

更新日:

「初めてMETROCKに行くんだけどどう楽しめば良いかな?」

「一人でフェスは初めてだから緊張するな〜」

「ステージはどんな感じなんだろう??」

 

ほぼ毎年メトロックへ行っている私が、そんな疑問にお答えします!

(ここではメトロック東京での話になります。)

この記事を読むと、下記がわかります。

  • メトロック東京の楽しみ方(ライブ、ご飯)
  • メトロック東京に一人で参加する時の注意点
  • メトロック東京に必要な持ち物

 

↓↓目次から読みたい箇所へ移動できます↓↓

メトロック東京の楽しみ方のポイントは3つ

メトロック東京を思う存分楽しむために必要なことは下記3点です。

  • 事前に調べられるものは調べておく
  • 時間に余裕を持って行動する
  • 迷惑行為をしない

詳しく解説しますね。

 

事前に調べられるものは調べておく

メトロックのようなフェスに行く時には事前準備が大事です!

  • メトロックを見に行く日の出演アーティスト
  • メトロックを見に行く日のフェス飯
  • メトロックを見に行く日の物販
  • メトロックの最寄駅から会場までの時間
  • 終電時間
  • メトロックを見に行く時の持ち物

これだけ事前に調べておくと当日慌てなくて済みますし、心に余裕ができますよ。

 

メトロックを見に行く日の出演アーティスト

ライブのイメージ画像

フェスはいろんなアーティストを1日や2日で見ることができる貴重な場所です。

目当てのバンドはもちろんですが、知らなかったバンドを知る機会にもなります。

事前にどんなバンドが出演するのかを公式サイトで確認しておきましょう。

 

私は、目当てのバンドだけで満足してるのはもったいない!と思ってしまいます。

 

特にメトロックは本格的に売れ始める少し前のバンドを起用していることが多いです。

つまり、他の人より先に今後売れるであろうバンドのライブを見ることができるんですよ!

 

ですので、まだ本格的に売れる前の

「ゲスの極み乙女。」「キュウソネコカミ」「KANA-BOON」「あいみょん」「グッドモーニングアメリカ」「MOROHA」「Charisma.com」などを知り、

メトロックでライブを見ました。

とても良い思い出です!

 

出演アーティストを一通りYoutubeで検索して曲を聴いてみて、

当日見たいバンドを決めてみてくださいね。

 

そしてタイムテーブルと照らし合わせてスケジュールを立てればバッチリです!

 

ちなみに、メトロックは移動範囲が狭いので、本気を出せば全てのバンド演奏を見ることができます。

(あまりおすすめはしませんが・・・)

 

メトロックは3ステージあり、一番大きいステージから中くらいのステージまでが一番遠い距離です。

同じような移動をする人が少ないタイミングで行けば混まないので15分あれば着きます。

大きいステージのライブがラスト2曲くらいになって移動し始めるとちょうど良いと思います。

もし最後まで見ると、中くらいステージに行くまで少し時間がかかるので、その場合は2曲目に間に合えば良い方です。

 

メトロックを見に行く日のフェス飯

フェス飯のイメージ

フェスでは屋台がたくさん出ます。

事前にどんなお店が出店するのかを公式サイトで確認しておきましょう。

 

どうしてもたくさん種類があるのでどこのお店で食べようか悩んじゃいますよね。

しかし、当日どんなお店があるのかな〜とぐるーっとお店を見て回って決めるとなると大変です。

お店に並ぶ列がそれぞれ出来ていて、メニューを近くで見るには並んでいる列の横を何度も行ったり来たりするはめになります。

 

なので事前に公式サイトで出店するお店を見ておいて、この辺のご飯が食べたいな〜といくつか候補を考えておきましょう。

この時、複数候補を決めておくことが大事です。

 

やはり人が多いのでご飯を買うのには並びます。

例えば一つだけしかお店の候補がなかった場合、

どうしても見たいバンドがもうすぐだけどお腹が減ってすぐになにか食べたい!という状況になった時に、

そのお店が長蛇の列!!ご飯にあり着くのはいつになるやら・・・という状況になった時に、

そこからまた別のお店を探す必要があります。

 

複数お店の候補があれば、このお店めちゃ混んでるから次の候補のお店にしよう!と臨機応変に対応できますよ。

 

メトロックを見に行く日の物販

物販も事前に公式サイトを見て確認しておきましょう。

 

メトロック公式のグッズが欲しい!という方は、事前物販があるので利用しましょう。

これは事前に支払いまで済ませておいて、当日受付に行くと買ったものを手渡してもらえるというシステムです。

事前物販を頼んでおけば並ぶ必要がないので便利ですよ!

 

各アーティストの物販を見たい方は各アーティストの公式サイトやTwitterをチェックしておきましょう。

そして、人気バンドの物販はかなり並ぶので覚悟しておいてください。

 

メトロックの最寄駅から会場までの時間

メトロック東京の最寄駅は「新木場駅」です。

駅から会場までは無料のシャトルバスがあります。

私は毎年10:30くらいに新木場駅に着き、会場に向かっています。そうすると11時過ぎには会場に到着できます。

 

時間を少し遅くしてしまうと、人が多いので会場に着くまでの時間がかなりかかってしまいます。

その場合はお昼過ぎなどに行く方が良いかもしれません。

 

メトロック会場までの道のりは下記です。

駅の改札を抜けて、出口に降り、バスに乗るまで徒歩10分ほどの距離を歩きます。

ただし、人が多いと10分ではたどり着きませんので気をつけてください。

バスが順々に出発するので順番に乗り込みます。

 

到着先で50mほど歩くとリストバンド交換所です。

交換したらさらに10分ほど歩き、会場に到着します。

早ければ駅から会場までは30分ほどで到着します。

 

終電時間

忘れがちなのが、終電です。

メトロックでは最後のアーティストのライブが終わると(アンコール含め)、規制退場になります。

 

規制退場とは、人数を規制して、少しずつ会場から退場させる方法です。

このため、規制がかかると待機時間があるため、その分帰りが遅くなってしまいます。

 

もし終電が早い人は規制がかかるアンコール前には会場を出ましょう。

それでもバスに乗るまでには少し時間がかかるので余裕を持って行動すると良いです。

 

メトロックを見に行く時の持ち物

最後に持ち物を確認しておきましょう。

下記の記事でまとめたのでぜひ参考にしてください!

 

 

時間に余裕を持って行動する

時間のイメージ

上記にも少し書きましたが、

会場までの移動や物販の列、屋台の列、様々な部分で「思ったより時間がかかったなぁ」という部分がたくさん出てくると思います。

特にトイレはかなり時間がかかります。

 

なので「いつもの倍かかる」くらいの気持ちで余裕を持って行動すると良いです。

 

迷惑行為をしない

危険なイメージ

 

メトロックのようなフェスはいろんな方がいます。

子連れの方もいますし、中高生や大学生はもちろん、いろんな年齢層の方がいます。

 

なので、人の迷惑になる行為は辞めましょう。

 

特にバンドTシャツを着ながら迷惑行為をする人は、そのバンドの印象も悪くなります

以前のメトロックで「the telephones」のTシャツを着た輩に肩を捕まれ後ろに引っ張られました(その勢いでその輩は前に行きました)。

他にも、「the telephones」のTシャツを着た輩が複数人でライブ転換の時間に走り回っていてかなり邪魔でした。

 

ライブで前方に行く方法は肩を隙間に入れて入るだとか、ジャンプしながら移動するだとかあるそうですが、

こちらからすると迷惑以外の何者でもないですね。

 

肩を入れてくるのは痛いですし、ジャンプしながら移動されると予想外の動きになって倒れてしまうことがあります。

 

人に怪我や怖い思いをさせてまで前方で見たいですか?

よく考えてください。

ちなみに怪我をさせたら傷害罪で現行犯逮捕されます。その後の人生は・・・わかりますよね。

 

羽目を外すのはいいのですが、外し過ぎて人に迷惑をかけるのだけは辞めましょう

 

また、迷惑行為を受けた場合には相手の顔の写真や動画を撮っておきましょう。

有効な証拠になります。

そんなことせずに楽しく過ごせるのが一番ですけどね。

 

メトロック東京に一人で参加する時の注意点

フェスに一人で参加する場合もあると思います。(私はほぼ一人で参加しています笑)

その際の注意点は下記です。

  • 場所取りはできない
  • ご飯の注文は計画的に
  • 荷物は最小限にする
  • 無理はしない

 

場所取りはできない

ご飯を食べる時に椅子に座って食べたいと思いますが、場所取りができないのでタイミング次第ということになります。

ご飯を買って、ちょうどよく椅子が空けば座れます。

 

もし椅子に座れない場合は、ライブエリアに持ち込んで食べることができるので活用してください。

地べたに座ることになりますが、ライブを見ながらご飯やお酒も粋なものです。

 

ご飯の注文は計画的に

フェス飯は本当に美味しそうなのでたくさん食べたい!と思うのですが、一人だとそうはいきません。

 

並ぶのも食べるのも一人なので、両手が塞がる前にご飯を食べる必要があります。

また、お金の出し入れも必要です。

コインケースがあると大きい長財布を出さずにすみます。

 

 

荷物は最小限にする

ちょっと荷物持ってて!というのができないので、荷物が多いとトイレが大変になります。

なのでできるだけ少ない荷物で行くと良いです。

 

サコッシュが一つあればだいぶ楽になりますよ。

 

また、クロークに荷物を預けることができるので活用しましょう。

 

 

無理はしない

これが一番大事です!「無理はしない」!!

 

一人だと気分が悪くなった時に助けてくれる人がいません。

友人がいれば助けを求めることができますが、知らない人に求めるのは気が引けますよね。

 

また、周りにいる人が良い人なら良いのですが、助けを求めても知らんふりをする人もいます。

というかそういう人が大半です。悲しいことに。

 

なので、前方のぎゅうぎゅうな場所にいてきついと思ったら下がる、

なんか気持ち悪いなぁと思ったらしゃがんで休む、

などいつも以上に自分の体調を気にしてあげてくださいね。

 

最後に:メトロックを楽しむには事前準備を万端に!あとは当日楽しむだけ!

いかがでしたか?

メトロックを楽しむための三か条はもう覚えましたね!

  • 事前に調べられるものは調べておく
  • 時間に余裕を持って行動する
  • 迷惑行為をしない

楽しむ時には他の人もいる、ということを念頭において迷惑をかけないように楽しみましょうね♪

 

 

-ライブ

Copyright© space A , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.