ドラム

バンドでライブをするときのリハーサルってなにをするの?事前に準備することと当日の流れ

投稿日:

「今度、初めてバンドでライブだ!リハーサルってのがあるけど、何をするの?」

「ドラムから音を出すってどういうこと・・・?」

 

そんな疑問にお答えします。

この記事を読むと、下記がわかります。

  • リハーサルの前に事前に準備しておくこと
  • リハーサルの流れ
  • リハーサルで気をつけること

 

↓↓目次から読みたい箇所へ移動できます↓↓

リハーサルの前に事前に準備しておくこと

リハーサルの前に事前に準備しておくこと

初めてのライブで、「リハーサル」というものがあることを知ると思います。

 

リハーサルは、

バンドメンバーの立ち位置や外音・中音の調整、

PAさんや照明さんとの打ち合わせ、などをする時間です。

 

そのためには事前にある程度、準備をする必要があります。

  • リハーサルで演奏する曲と確認する部分
  • ギターソロなどが入り、特に音量をあげてもらいたい部分
  • マイクのリバーブをあげて欲しい部分

これらを事前に決めておきましょう。

 

リハーサルで演奏する曲と確認する部分

リハーサルは短い時間で、確認事項を全て確認しないといけません。

時間がないのです。

ステージに上がって「どの曲やる?」「あれやりたい!」「いやいやこの曲でしょ!」なんてやっている時間はないのです。

 

なので、バンドメンバー全員で音を出して確認する曲を事前に決めておきましょう。

 

そして、1曲丸々演奏する時間もありません。

曲の一部分だけに留めましょう。

 

5曲演奏予定でしたら、5曲それぞれで確認したい場所を事前に決めましょう。

もしくは曲数を限定してがっつりやるということもできます。

メンバーで話し合いましょう。

 

ギターソロなどが入り、特に音量をあげてもらいたい部分

曲の一部って具体的にどこらへんをやれば良いの??という方は、

「ギターソロが入る前〜ギターソロ〜サビ」がある部分をするのが良いと思います。

 

全員の音量を確認できる+ソロで弾く楽器の音量確認ができる

という組み合わせの部分をやると良いです。

 

マイクのリバーブをあげて欲しい部分

あとは、歌う曲によってはこの部分でリバーブを入れて欲しい!場合があれば、

その部分を演奏し、PAさんにリバーブを入れて欲しいことを伝えましょう。

 

Aメロ、Bメロの後のサビに入れてください!と、構成を伝えられるとなお良いです。

 

リハーサルの流れ

リハーサルの流れ

当日のリハーサルの流れは下記です。

  1. リハーサル時間30分前にはライブハウスへ到着する
  2. 前のバンドのリハーサルが終わったら準備をする
  3. ドラムから音を出す
  4. ベースの音確認
  5. ギターの音確認
  6. バンド全体の音確認

詳しく解説します。

 

その1:リハーサル時間30分前にはライブハウスへ到着する

ライブハウスからリハーサル時間を教えてもらったら、30分前にはライブハウスへつきましょう。

リハーサルの時間は短いです。

その間に楽器の準備と演奏をしないといけないので、テキパキと動く必要があります。

 

ステージに上がってセットを組み立てたり、チューニングする時間はありません。

早めに来た時間でやっておきましょう。

 

その2:前のバンドのリハーサルが終わったら準備をする

リハの順番が、1バンド目でなかったら、前のバンドがリハーサルをしているはずです。

終わったら入れ違いに準備を始めましょう。

 

「お疲れ様です!」と挨拶するのを忘れずに!

 

その3:ドラムから音を出す

一通り準備ができたらPAさんが声をかけられるか、

自分たちで「よろしくお願いします!」と声をかけます。

 

最初は「ドラムさん、バスドラください!」と言われるので、

ドラムの方は、OKが出るまでバスドラを踏んでください。

次がスネア、ハイタム、ロータム、フロアタムと順々に指定があるのでその通りに叩きましょう。

 

最後に「全部でお願いします」と言われたら8ビートでもなんでも良いのですが、

タム回しを入れつつ演奏してみましょう。

 

OKが出たら、

他の楽器の音出し確認になるので静かに待ちます。

 

その4:ベースの音確認

次がベースの音確認になります。

こちらも「音出してください」と言われたら適当に弾きましょう。

すごい技を繰り出さないといけない!というわけではないので、気楽に弾きましょう。

 

もし、エフェクターを使って音を変える場合には、その音量調整も必要です。

PAさんに「音変えますか?」と聞かれたら、変えることを伝えて変えた音を出しましょう。

 

その5:ギターの音確認

最後にギターの音確認です。

ベース同様、適当に音を出しましょう。

ギターは基本的にエフェクターで音を変更すると思うので、

変更する全部の音を出して音量を調整してもらうことになります。

 

その6:バンド全体の音確認

それぞれの楽器の音量確認が終わったら、バンド全体での音出しです。

事前に決めておいた曲の演奏部分を合わせましょう。

 

その際に、「自分以外の音、全く聴こえねぇ・・・!」状態になると思います。

この場合は、「返し」と呼ばれる自分に向けてあるアンプから、他の楽器の音を出してもらうようにお願いすればOKです。

「すみません!ドラムの返しに、ベースの音をください!」という感じです。

 

メンバー全員が納得できる状態になるか、リハの終了時間が来たら、

リハーサルは終わりです。

 

あとは本番に備えましょう!

 

リハーサルで気をつけること

リハーサルで気をつけること

リハーサルで気をつけることは下記です。

  • 時間厳守
  • 確認したい点はきちんと確認する
  • 挨拶をしっかりする

 

時間厳守

これは基本中の基本です。

遅刻はもってのほかですし、リハーサルの時間が伸びてしまうのもNGです。

 

与えられた時間内でやるべきことを終わらせましょう!

 

確認したい点はきちんと確認する

あの部分の音量は確認したい!という場所があると思います。

のちに時間がなくなった場合のことを考えて、優先順位はつけておきましょう。

 

最低でもこの部分が確認できればOKと決めておけば慌てる必要もありません。

 

挨拶をしっかりする

これも基本中の基本です。

 

「おはようございます!」

「よろしくお願いします!」

「ありがとうございます!」

 

これだけでもきちんといえていればOKです。

 

お互いに気持ちよく演奏できるよう、ライブハウスの方はもちろん、

他のバンドマンの方にも挨拶をしましょう。

 

最後に:事前準備をしっかりすればリハーサルで慌てない!

いかがでしたか?

 

事前に確認したい点をバンドメンバーで決めておけば、

リハーサルの時にバタバタすることはありません。

 

緊張するかもしれませんが、気にせず楽しみましょう!!

 

↓初ライブに必要なものは下記をご覧ください。

 

↓ライブ当日の詳しい流れは下記をご覧ください。

 

↓ライブを開催するまでの流れを知りたい方は下記をご覧ください。

-ドラム

Copyright© space A , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.