ドラム

初めてバンドでライブをしたいときどうすれば良い?ライブ開催までの流れまとめ

更新日:

「バンドを組んで練習していたら、だんだんライブに興味が湧いてきた!」

「でもどうすればライブに出られるの??」

 

そんな疑問にお答えします。

この記事を読むと、下記がわかります。

  • 初めて組んだバンドでライブをする流れ
  • ライブハウスの探し方
  • お客さんの呼び方

 

↓↓目次から読みたい箇所へ移動できます↓↓

初めて組んだバンドでライブをする流れ

初めて組んだバンドでライブをする流れ

バンドを組んである程度、練習して形になってきたらライブをしましょう!

 

なんといっても、ライブがバンドを組む醍醐味です。

ライブをするまでの流れは下記です。

  1. ライブができるライブハウスを探す
  2. ライブハウスに連絡をして日程を決める
  3. 見にきてほしい人に早めに声をかける
  4. ライブ前日に駄目押しで連絡をする
  5. 当日は楽しむ!
  6. 来てくれた人にお礼の連絡をする

詳しく説明します。

 

その1:ライブができるライブハウスを探す

まずはライブができるライブハウスを探しましょう。

ここでのポイントは、初心者OK!としているライブハウスである、ということです。

 

アマチュアバンドでもレベルがあります。

突然高いレベルのバンドが出る所にポン!と出ると、

チケットノルマが大変だったり、なんとなくその場に居づらい雰囲気を感じたりします。

 

なので、

ライブ」「初心者」「地名

でGoogle検索をしましょう!

検索結果にいくつかライブハウスが表示されたら、下記に注意して選定してみてください。

  • 日程が合わせやすいか
  • 場所は駅から近いか
  • 広すぎないか
  • ノルマが重くないか

 

日程はバンドメンバー全員が合う日でないといけません。

駅から遠いと行くのも大変ですし、お客さんも大変です。

ライブハウスが広すぎると、めちゃくちゃお客さんを呼ばないと、がらーんとした雰囲気の中演奏することになります。

ノルマはバンドメンバーのお財布と相談してくださいね。

 

その2:ライブハウスに連絡をして日程を決める

ある程度日程と行きやすい場所からライブハウスを決めたあとは、

ライブハウスに連絡をしましょう!

 

メールフォームや場合によっては電話で申し込む必要があります。

  • 出演したい日時
  • バンド名
  • バンドメンバーの楽器構成

このあたりを確認されると思うので、答えられるようにしておけばOKです。

 

その3:見にきてほしい人に早めに声をかける

具体的な日程が決まったら、見に来てほしい人に早めに声をかけておきましょう!

実際の演奏時間はギリギリにならないとわからない場合が多いですが、

日にちは先に決まります。

 

決まり次第、すぐに連絡しましょう。

 

ちなみに「行けたら行く」という返事は「イコール行かない」です・・・。

気にせず次をあたりましょう。

 

来てくれる方には、演奏時間がはっきりとわかったらそれも連絡しましょう。

一緒にチケット代とドリンク代、受付時にバンド名を聞かれるはずなので、事前に伝えておくと丁寧です。

 

その4:ライブ前日に駄目押しで連絡をする

ライブ前日にはもう一度、来てくれる方に連絡を入れましょう。

これをするのとしないのでは、当日のドタキャン率が違います

 

ライブ前の緊張する時間に「ごめん、やっぱ行けない」っていう連絡は激萎えです。

前日に知る方がまだ良いですよ。

 

その5:当日は楽しむ!

いよいよライブ当日!

 

リハーサルがあるので、ライブハウスから指定された時間より30分ほど早めに着くように行きましょう。

だんだんと緊張しますが、最終的には楽しんだもん勝ちです!

 

演奏が良くても悪くても「このメンバーでライブができた!」という自信がつきます。

また、メンバーと仲を深めるチャンスなので、打ち上げもすると楽しいですよ〜!

 

その6:来てくれた人にお礼の連絡をする

落ち着いたら来てくれた人にお礼の連絡をしましょう。

 

ライブにお客さんを呼ぶと「お客さんを呼ぶのって大変・・・」ということがわかると思います。

実際に足を運んでくれた人は本当にありがたい存在です。

 

一言でも良いのでお礼の連絡をして気持ちを伝えましょう。

 

最後に:ライブはお客さんが居て初めて成り立つもの。一人でもお客さんは呼びましょう!

いかがでしたか?

 

ライブをやりたいね!となったら、ひとまずライブハウスを探しましょう。

そしてライブが決まったらお客さんを呼びましょう!

 

誰もいない観客席に向かってライブをするだけだったら、いつものスタジオでも良いのです。

お客さんが目の前に居てくれて初めてライブとして成り立ちます。

 

もちろん、最初は恥ずかしいかもしれませんが、

ライブハウスで音を出して、ステージからお客さんの顔が見えたら、もうあなたは立派なバンドマンです!

ライブを楽しみましょう!

 

↓盛り上がるカバー曲集めました。

 

 

-ドラム

Copyright© space A , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.